マナーしきたり

ホーム > マナーしきたり > ふくさのたたみ方・香典のマナー

ふくさのたたみ方・香典のマナー

葬儀に香典を持参する際は、香典をふくさに包みます。
香典のマナーと香典を包むふくさのたたみ方について解説します。

ふくさのたたみ方

ふくさのたたみ方
  1. ふくさを広げ、香典袋の表を上にして中央へ置きます。
  2. 点線の部分を中央へ向けて折ります。
  3. 下側、続いて上側の順番に折ります。
  4. 最後に左側を折る。ツメがある場合は裏側で止めます。

香典のマナー

表側裏側

仏式の場合

「御香典」「御香料」などの書かれた表書きを使用します。
水引は黒白か双銀
<裏側>つつんだ金額を、裏側の左下へ記入します。

表側裏側

神式の場合

「御玉串(玉串料)」、「御榊(さかき料)」「御神前料」などの表書きを使用します。
水引は黒白か双銀
<裏側>つつんだ金額を、裏側の左下へ記入します。

表側裏側

キリスト教式の場合

水引のない封筒を使用します。
カトリックの場合は「お花料」、「御ミサ料」の表書きを、プロテスタントの場合は「お花料」と表書きをします。
<裏側>つつんだ金額を、裏側の左下へ記入します。

表側裏側

各宗教共通

「御霊前」と書かれた表書きのものを使用します。
<裏側>つつんだ金額を、裏側の左下へ記入します。

ページの先頭へ