マナーしきたり

ホーム > マナーしきたり > 焼香の作法(仏式)

焼香の作法(仏式)

葬儀や告別式では抹香をたき、通夜や法事などでは線香をたくというのが一般的です。
葬儀、葬式でお焼香をする時に困らないように「ご焼香の作法」について解説します。

抹香での焼香

図:抹香での焼香
  1. 焼香台の前に進み遺族に一礼し、本尊あるいは遺族に一礼する。
  2. 香炉の右の抹香を3本指でつまみ、目の高さでおしいただく(浄土真宗ではおしいただくことはしない)
  3. 抹香をゆっくりと高炉に落して合掌。本尊あるいは遺影に向かって一礼し、次に遺族に一礼して席に戻る。

線香での焼香

図:線香での焼香
  1. 焼香台の手前ですわり、遺族に一礼する。さらに焼香台までひざで進み、本尊あるいは遺影に一礼する。
  2. 線香立てから右手で線香を1本とり、ろうそくの火をつける。
  3. 線香を左手に持ち替え、右手で線香の火をあおぎ消す。
  4. また線香を右手に持ち替え高炉に立てて合掌(浄土真宗・日蓮正宗では、線香を折って横にする)ひざでにじって下がり、遺族に一礼して席に戻る。
ページの先頭へ