ニュー供養スタイル「ねん念」

ホーム > ニュー供養スタイル「ねん念」 > 法要サポート

法要サポート

宗教、宗派を問わず、どの様な法要も承ります。お気軽にご相談ください。


■葬儀後挨拶
葬儀で特別にお世話になった人、近隣、寺院や神社、教会、勤務先や学校などは直接出向いて会葬のお礼をします。また、故人の恩師や社会的地位の高い人が葬儀に来てくれた時は、会葬礼状だけで済ませずに直接あいさつに伺うのが礼儀といえます。
あいさつまわりには、正装が多いようですが、地味な外出着でもかまいません。

【あいさつ例】
例1「ご会葬いただきまして、まことにありがとうございました。○○さまにお別れをいただいて故人もさぞ満足だったと存じます。」
例2「過日はいろいろお世話になりました。ありがとうございます。お陰さまでとどこうりなく葬儀をすませることができました。」
初七日~満中陰・百カ日
これからは、仏教の故事にならい七日ごとの供養を家族や身内で行います。また同時に葬儀後の重要な法要である四十九日を迎える準備期間です。四十九日は地域の習慣やしきたりによって多少違いはあります。
こすもすではお客様をサポートいたします。

初七日⇒二七日⇒三七日⇒四七日⇒五七日⇒六七日⇒七七日満中陰(忌明け)⇒百カ日


■初七日の法要
葬儀が終わるとされ、区切りの日とされています。(葬儀後に一緒に済ませるところもあります)
香典帳の整理


■忌明法要の日時と場所の取り決め
忌明法要の約1ヶ月前には決めるようにします。お寺様とよく相談して参列者が参加しやすい日を選びましょう。


■参列者のリストアップと案内状の作成
リストを作成して人数を把握しましょう。案内状を出すのが丁寧です。又、参列者の手元に残り見直すことも出来るので親切です。


■料理・引物の手配
料理は、法要予定日より少なくとも一ヶ月前までには確認及び予約をしましょう。
 


■お仏壇の手配
お仏壇のないご家庭は忌明(四十九日及び百カ日)までには準備したいものです。


■四十九日法要
故人様の生まれ変わりが決まる大事な日です。
故人は七日ごとに生前の罪が裁かれ、七回目の裁きを受ける運命が決定すると云われています。そのため遺族は故人が四十九日目の裁きで良い結果が得られるよう追善供養を行い、遺族は通常の生活に戻ります。
百カ日法要は最近では、故人と親しい間柄の近親者や身内だけで供養することが多いようです。


■初盆
お盆は正式には盂蘭盆会と言われ、先祖の魂祭りとして行われます。
故人様の亡くなった後初めて迎えるお盆を初盆といい、ていねいに供養します。お盆は8月15日(7月の地域もあります)を中心に13日~15日で行います。精霊棚を設け牛、馬や供物を飾ります。
こすもすでは5月頃より、初盆用品を多数取り揃えお客様にご案内致しております。


■年忌法要の年
毎年訪れる故人の命日に、故人を偲び節目ごとに供養を行っていきます。
故人はもちろんの事、遠い先祖を偲び今日ある自分自身に感謝の心を捧げ家族、親戚の方々の多幸を願って営みます。
死亡した翌年の祥月命日(死亡した日と同月同日)に一周忌を行います。
一周忌だけが満で、あとは亡くなった年も入れて数えますから、一周忌の翌年が三回忌で、法要が2年続くわけです。
その後は、7、13、17、23、25、27、33、50回忌と行われます。


■法要の日
法要は命日にするのが理想ですが、お寺様の都合や参列者の都合も考慮して命日に近い日を選んでも構いません。ただし、法要が重なる場合は、どちらかが早い方に合わせて執り行われています(併修)。

 

☆こすもすでは事前のご相談から法要まで安心してケア・アドバイザーがサポートいたします。

ページの先頭へ